柄の送り付けについて


捺染における柄の繰り返しを「送り(リピート)」と言います。
柄の送りは図柄が自然につながり連続するようにしなければなりません。
これを『送り付け』といいます。










リピートの種類

正リピート 最も基本的なリピート展開です。
柄を縦・横方向へ方眼上に展開していきます。
縦ハーフステップリピート 図案を縦方向へ2分の1移動させた
リピート展開です。
横ハーフステップリピート 図案を横方向へ2分の1移動させた
リピート展開です。

▲ページ先頭に戻る

トップページ会社概要 お問い合わせ

Copyright © 2009 Takebishi Co.,Ltd All rights reserved.